上手な貸切バス選びや見積りには、早めの準備が要だといえる
貸切バスのチョイスには早めの準備が肝心

貸切バスの利用を種類と定員数から考える

貸切バスの一般的な種類と定員数について、詳しい内容をご存知でしょうか。
公共交通機関より断然便利な貸切バスは、団体旅行にはつきものですが、実際レンタルする場合に役立つ情報というと、案外よくわかっていないものです。

大きなものから順に挙げていきますと、まずはダブルハイデッカーバス(2階建てバス)。50名から60名ほどの人数が乗車可能で、貸切バスの中では最大級になります。
大型バスなら30名から50名、中型バスなら25名から28名ほど、小型バスなら20名から25名ほどの定員数になります。
マイクロバスは10名から20名、ミニバスは最低1名から13名ほどの利用が可能です。

人数に加えて利用時間や距離も大事な要素になります。
たとえばマイクロバスは近距離移動には適していても、乗り心地などから言って長距離移動にはあまり向いていません。
長距離移動が必要な場合には、小型から大型のバスを利用するのがふさわしいと思われます。

各車両の種類や利用内容によって料金は異なりますが、貸切バスの見積りは無料です。
見積り後の交渉も無料で行えます。
レンタルしようと思ったら、人数や時間、距離を割り出した上で、まずは気軽に見積りを取ってみると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る